09 まとめ

「水素水がいい」ということはエステサロンでしったような気がします。みじたんも便秘ぎみだったのが解消されてなんだか体が軽くていいなーという印象でした。

「どこかで買えないかな」と調べてみると、通販手に入れることができたり、ドラックストアにも売り始めてたりして。ただネットでさらにみてみると、水素成分は時間が経つと、その有効な成分(?)がぬけてしまうらしいことも知りました。炭酸水とかとは違い、見た目は無味無臭の「水」なので、飲んでも「水素が抜けているのか抜けていないのかわからない-」。そんな状態でした。また平均的には250mlで300円ぐらいという相場も「ちょっとお高め…」というのも気になりだしてしまい…。だから水道水(ミネラルウォーターも可)で自分が使うぶんだけできたての水素水を生成できるというのは、とてもいいな!と思ったんです。

水素水の機械はマグネシウムの化学反応を利用したスティックタイプ、そし電極式で水素を生成するタイプがあるといいます。「ピュア水素水スチーマー」は電極式だそうで、生成したときの水素濃度は最大で1.2ppmとのこと。通常、約20℃の気圧下にある水の水素飽和濃度(つまり限界まで水素を溶かせる最大濃度)は1.6ppmだそうで、「ピュア水素スチーマー」の1.2ppmはかなり高濃度だといえるのかも!

1週間以上使い続けていくと、エステサロンで感じた「便秘が…とか体が軽い…」ちかだけではなくて、口の周りにできていた吹き出物がおさまり、肌がモチっとしてきたこと、二日酔いにならなかったことなど複数あったため、水素のおかげなのか、ただ単純に水素水というより毎日スチームをあびたことの効果なのかよくわからないというところが正直なところで。ただ言えるのは「ピュア水素水スチーマー」続けていきたいなと思わせる商品でした。

ピュア水素水スチーマーお試しREPORT!